編集の仕事で作られる出版物|原稿を素敵にコーディネートする仕事

印刷

企画などの立案

本

求人でも人気なのが、編集の仕事です。記事を書くライターや創作物を作成する執筆者などと話し合い、作成するまでの日程や取材などのスケジュールを決め、市場でのマーケティングにより、売れる作品を作るために働ける仕事なのです。

Read More >>

原稿のチェック業務

印刷

原稿が作成された後は、編集の仕事として原稿の整理を行います。出来上がった原稿が企画通りのものかをチェックし、用字や用語などの統一を行なうのです。雑誌のレイアウトの都合から行数や文字数をあえて変更させる場合もあります。

Read More >>

DTPで見た目を整える

本

出版社における編集の仕事では、会社によってはDTPによるデータ作成も行います。文字の大きさや書体の選定、さらには文字のカラーや画像の大きさ、貼り付ける位置などを細かく決め、雑誌のレイアウトを決定させる仕事なのです。

Read More >>

主要な仕事

カラー見本

昔から変わらず多くの人の興味や関心を集めるのが、出版社が販売する印刷物です。雑誌であれば、記事の内容からさまざまな知識やニュースを読者にもたらすことができ、創作物であれば、娯楽として楽しみや深い感動を与えることができるでしょう。近年では電子書籍などの登場により、一時は出版業界の変革が危ぶまれましたが、この日本では未だ紙媒体の印刷物が好まれるため、出版社の業務は昔と変わらず多くの人に受け入れられています。出版社の業務において主要を担うのが編集の仕事です。記事や創作物などを制作する執筆者や、出版物を大量に刷る印刷所などと連携し、多くの読者を満足させる質のよい商品を提供するのが編集の仕事です。編集の仕事によって、売上も大きく変わってくるほど重要な仕事となる編集の仕事は、求人でも多くの人が応募を行っています。多くの人に感銘を与える出版物を世に放つことができる仕事なので、やりがいをもって働くことができるでしょう。

出版社で働く編集の仕事では、出版物の企画を行います。原稿を作成する執筆者と話し合い、出版物の内容の流れを決める事ができるのです。会社の規格に合わせ、きちんとしたマーケティングを行いながら原稿の企画を行わなければなりません。企画を終え、原稿が仕上がった場合、内容のチェックを行います。原稿に使われている用字や用語をきちんと調べ、漢字の用語なども会社の規定に沿って調整する業務を行います。内容のチェックが終わった後は、DTPオペレーターにデータを提出刷る必要があります。最近ではこのDTPも編集さんが担当する事があり、出版する原稿のレイアウトを細かく決めることで、多くの人を満足させる質の良い商品を作り上げることができるのです。